美尻に関する記事

bijiri

お尻シミ・黒ずみケアターンオーバー美尻に関する記事

くすみトラブルを改善して、 透明感のある美尻づくり

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

まずは「くすみ」の原因をチェックしてみましょう!

くすみ、とは肌が本来もつ透明感が失われてしまい、肌色が暗くみえてしまう状態を表します。

薄着の季節になると今まで洋服で隠れていた部分があらわになるため、

「肌のくすみが目立つ」「肌色が暗くなった」などトラブルを感じる声も増えるものです。

まずは「くすみ」の原因を知ることからケアをスタートさせていきましょう!

くすみの原因2つ

・血行不良
くすみの大きな原因は2つあるといわれています。
そのひとつが「血行不良」です。

人の筋肉が活動するたびに排出される「二酸化炭」は、血液中で黒っぽく変化します。

血行不良が起こると、黒っぽい血液が停滞気味になり、肌にくすみを生じさせます。

また血行が悪いと、栄養や水分、酸素が十分に届かず、
肌が栄養失調となり良い状態を保てなくなります。

・ターンオーバーの乱れ
もうひとつの原因は、ターンオーバーの乱れです。
年齢を重ねると肌がくすむ、そのわけは、加齢によってターンオーバーが遅れて
表皮の古い角質が剥がれ落ちずに角質が分厚くなったり、キメが粗くなるためです。

その結果、まるで曇りグラスのように不透明な「くすみ肌」になってしまうのです。

加齢だけではなく、睡眠不足など生活習慣の乱れもターンオーバーを乱す原因といわれています。

姿勢の悪さから不透明な肌になってしまう?!

くすみの原因、「血行不良」はなぜ起こるのでしょうか?

その多くは睡眠不足や過労、ストレス、血流を促すビタミン類の不足から
血管が委縮するために起こるといわれています。また「姿勢の悪さ」もくすみを引き起こす原因として挙げられています!
長い時間、同じ姿勢で仕事や家事をこなす方は、筋肉の緊張から血行不良を招くこともあります。

デスクワークで何時間も座ったまま、同じ姿勢での作業。

思い当たることがあれば、できるだけ同じ姿勢で過ごさないように、適度に動く意識をしてみましょう♪
同じ姿勢で過ごしていると頭や顔に血液を運ぶ首の血液が圧迫されて、血行が悪くなります。

また過度なストレスも、筋肉が緊張して血管が圧縮されるため、血流が悪くなってしまいます。
長時間、同じ姿勢で過ごさない。ストレスを溜めすぎない。
こんな習慣もくすみ肌を改善するために意識してみましょう♪

夏と冬で異なる!夏には「夏ぐすみ」対策を

できてしまった「くすみ」。どうすれば改善されるのでしょうか?

「夏ぐすみ」「冬ぐすみ」という言葉を聞いたことはありますか?
それぞれの季節ごとに肌がくすむ傾向があるためお手入れの方法も異なるといわれています。

「夏ぐすみ」は、紫外線から肌を守ろうとして角質が厚くなるため起こりやすくなります。

一方「冬ぐすみ」は、冷えにより血流が悪くなって起こります。

夏ぐすみの対策は??

・「ゴマージュ」による角質ケアが有効です。

・古い角質とともに肌の老廃物を取り除き、正常なターンオーバーを促す角質ケアがポイントになります。

・紫外線の影響でメラニンがたまり、排出がスムーズにいかないと肌全体がくすみます。
紫外線が強い時期なので、日焼け止めを塗るなど紫外線対策が必須です。

・角質ケアと保湿ケアはワンセット!角質ケアの後は、必ず保湿ケアをして潤いを与えましょう。

冬ぐすみの対策は??

夏ぐすみとの違いを知るために冬ぐすみの対策方法もご紹介しておきたいと思います♪

・血行を促すため半身浴や運動、オイルマッサージなどが有効です。

・ホットタオルを使って血流を促す
夏ぐすみは「角質ケア」、冬ぐすみは「血行促進ケア」。

2つの違いを理解して、季節に合うケアを取り入れるように意識してみましょう♪

おわりに

いかがでしたでしょうか?

夏、冬と季節ごとでわけていますが、季節を問わず冷えや血行不良が
気になる方は夏でも「冬ぐすみ」に当てはまる場合もあります。

両方のケアを取り入れておけば確実にくすみケアにアプローチすることができるはずです♪