美尻に関する記事

bijiri

お尻ニキビケア美尻に関する記事美尻フード・レシピ

お尻ニキビ・肌老化の原因になるバランスの悪い食生活「高GI値」に要注意!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ニキビの元凶!バランスの悪い食生活

偏食やダイエットをしたり欧米型の食事が多い場合は、必要な栄養素が不足したり特定の食品、偏った栄養素ばかりとってしまうこともあります!

そうなると肌への悪影響からニキビ、ニキビ痕、黒ずみなど汚尻の原因に……。
まずは避けるべき食生活からチェックしましょう!

糖質・脂質・炭水化物の摂りすぎ

糖質や動物性脂肪は皮脂を過剰に分泌させる作用があります。

どちらも必要な栄養素ですが、とりすぎると皮脂分泌が増加して毛穴詰まりやニキビの原因になってしまいます。

甘いもの、白米、麺、パンなどの炭水化物、脂っこいもの……食べ過ぎないように注意したいですね!

たんぱく質が不足した食生活

バランスが悪い食生活で不足しがちなのは「たんぱく質」です。

肉、魚、豆類、乳製品などに含まれていますが、忙しいとおにぎりだけ、パンだけ、などの簡単な食事になりがち……。

そんな方はこれらの食材が不足しやすいので注意!皮膚、爪、髪、筋肉、内臓などすべての組織をつくるために必要は栄養素です。

たんぱく質が不足すると新しい皮膚の再生がとどこおり、ターンオーバーのサイクルも乱れてしまいます。それにより古い角質がはがれ落ちずに、毛穴をふさぎ、ニキビ菌が発生。

またたんぱく質が不足すると免疫力が低下して、ダメージに弱い肌になってしまうこともあります。

肌の栄養素であるビタミン不足

ビタミンは肌の健康ために欠かせない栄養素です!

新陳代謝を促すビタミンA、ビタミンE、抗酸化作用があるビタミンCなど、不足するとターンオーバーが乱れて、さまざまな肌トラブルの原因につながります。

青魚など必須脂肪酸の不足

サバやイワシなど青魚に含まれる「必須脂肪酸(オメガ3系)」は、肌の再生を促す作用があります。不足すると肌の再生サイクルが乱れてしまいます。

また角質層の保湿をしているのも、この必須脂肪酸です。十分に摂取していないと角質層の保湿力が低下して毛穴が乾燥、分厚くなるなどニキビができやすくなります。

これらの食生活、思い当たることがあれば見直しを。ニキビだけではなく肌老化、シミなどのトラブルを引き起こす原因になります!

汚尻の原因につながるので、こんな食生活はできるだけ避けるようにしたいですね♪

「高GI食」がニキビの原因になる?!

「高GI食」という言葉を聞いたことはありますか?GIとは食品ごとの血糖値の上昇指数(グリセミック指数)です。

消化した食品が糖に変わるまでの速さをあらわす指数で、もともとは糖尿病の治療に用いられていました。

具体的にはブドウ糖のGI値を100とすると、白米は70、玄米は50。食後の血糖値が上がりやすいのは白米の方といえますよね。

そのほか、じゃがいも70に対してさつまいもは48、精白パン95、パスタ55です。

「高GI値」が過剰な皮脂分泌を引き起こす!

GI値が高い食品を食べて血糖値が急激に上がると、血糖値を下げるためにインシュリンが分泌されます。

ところがインシュリンには血糖値を下げる作用のほかに「男性ホルモン」を刺激する作用もあるのです!その結果、皮脂分泌も過剰になってしまうというメカニズムが……。

必要以上に皮脂分泌されると皮脂の排出が追いつかず、やがて毛穴のなかにたまってしまいます。アクネ菌が増えて、ニキビの炎症や悪化を引き起こす原因になります。

皮脂分泌を過剰に増やさないためにGI値が低い食品を選ぶように心がけたいですね♪

白米より玄米、精白パンよりパスタ、じゃがいもよりさつまいも、と低GI食品を意識して
みましょう!

「太るホルモン」抑制、ダイエットにも効果的!

ニキビ予防・改善に効果的な低GI食ですが、実はダイエットにも有効的です♪

低インシュリンダイエットという言葉、聞いたことがある方も少なくないはずです。

インシュリンは体内で脂肪をつくり蓄積する働きがあり「太るホルモン」です。そこでGI値が低い食品でインシュリンの分泌を抑えて太りにくい体質をつくることができるのです!

お尻ニキビ、ニキビ痕などを予防改善しながらダイエット効果もあれば一石二鳥ですよね♪

GI値にも注目をして皮脂分泌量を整えながらお尻ニキビのない美尻を目指してみるのもオススメです!

おわりに

いかがでしたでしょうか?

食事と肌は密接な関係にあり、食べ物が肌状態を左右します。

特にビタミン類が不足するとニキビができやすい肌質になることもあります!野菜や果実などを食べて必要ビタミンを補いましょう!

また肌をつくる「たんぱく質」が不足することで、肌トラブルが起こるケースも目立ちます。

保湿美容ジェルで外側からの美尻ケアを続けながら、食事で内側からのケアも心がけたいですね。

肉、魚、大豆製品、乳製品などをプラスしてバランスのよい食生活を目指し美尻づくりに役立てていきましょう♪