美尻に関する記事

bijiri

ストレスケアターンオーバーバスタイム保湿ケア睡眠美尻に関する記事美尻フード・レシピ

お尻ニキビを予防・改善!ターンオーバーを整えて美肌コントロールしよう♪

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ニキビの一大原因、ターンオーバーの乱れ

お尻ニキビができるメカニズムは、たくさんの説がありますが、そのなかでも注目したいのが日常の変化による「ターンオーバーの乱れ」が原因のニキビです。

まずは、ターンオーバーとは何か?またそのサイクルを乱す原因を見直し、お尻ニキビを予防・改善しましょう!

ターンオーバーの周期は年齢×〇〇

大人になってできるニキビは思春期のものよりも複雑で、さまざまな原因が考えられています。そのなかのひとつとしてターンオーバーの乱れによるニキビも、見逃せません!

ターンオーバーとは、肌の細胞が古いものから新しいものへと生まれ変わる新陳代謝のサイクルのこと。通常は約28日周期前後といわれていますが、若くて健康な肌状態の人の場合です。

個人差はありますが、「自分の年齢×1.5」といった計算で出す方法もあります。30歳なら45日前後が目安になります。

ターンオーバーの乱れによるお尻ニキビ

ターンオーバーの厄介なところは加齢だけでなく、食生活、生活習慣、体調などコンディションによっていとも簡単にサイクルが乱れてしまうというもの。そして、そのサイクルの乱れによって肌にも影響してしまうのです。

睡眠不足、ストレスなどの影響によりサイクルが乱れてしまうと、肌に古い角質がたまって、やがて角質が厚くなり、毛穴が少しずつせまくなって毛穴づまりを引き起こします。

その結果、お尻だけではなく顔や背中など全身にニキビができやすい状態になるのです!

またターンオーバーの乱れは肌の乾燥を引き起こします。この乾燥によって毛穴がさらにふさがり、そこにアクネ菌が溜まってしまい、ニキビができやすくなる悪循環に陥ってしまうこともあります。

ストレス、睡眠不足によるお尻ニキビ

ニキビは肌のターンオーバーの乱れによってできる、というお話をしましたが、ターンオーバーの乱れを招く原因はストレス、睡眠不足、ホルモンバランスの乱れなどが考えられています。

ストレスや睡眠不足になると皮脂の分泌をうながすホルモン「プロゲステロン」が活発になり、ニキビができやすくなるのです。

ストレスはため過ぎると体にも肌にも悪影響があることを、意識してリラックス習慣などをつくるようにしたいですね!

初夏バテ!食事の乱れによるお尻ニキビ

また栄養バランスの乱れもターンオーバーを乱す大きな原因のひとつです!

手軽なコンビニ食、外食、ファストフードばかりですませてしまう……。
そんな食事をしていると栄養が偏ってしまい、ターンオーバーの働きを高めるビタミンやミネラル、老廃物を体の外に出すための食物繊維が不足してしまいます。

忙しい毎日、すべての食事をバランスよくとるのは難しいものですが、できるだけ数多くの食材を食べることも大切です。

コンビニ弁当なら、1品おそうざいや味噌汁、野菜のスープなどをつける。パンやおにぎり、麺類、丼ものなど炭水化物に偏らないように、おかずをつけて栄養をプラスするなどの工夫をしてみましょう♪

 お尻ニキビを予防・改善!スキンケアのポイントは?

毎日のスキンケア、また紫外線対策もお尻ニキビを改善する習慣として欠かせません♪

お尻の「正しい洗うケア」を意識!

まずは「洗うケア」ですが、毎日なんとなく適当に洗っている……なんてことはありませんか?

適当に洗うだけでは肌に皮脂汚れや雑菌が残ってしまい、それが毛穴につまってニキビの原因になることもあるのです!

洗う際には、ボディソープや石けんをよく泡立てて、できるだけ指が肌に触れないように、泡でやさしく洗い上げましょう♪また、すすぎはぬるま湯でしっかりと流すようにします。

洗顔の場合は少なくとも20回はすすぐべきだといわれていますので、お尻部分もそのことを意識して、洗い流しがないようにしたいですね!

その後、清潔なタオルでやさしくそっとおさえるように水気をふきとります。そして洗った後はすぐに「保湿」を行うことも忘れないようにしましょう!

お持ちの保湿ジェルでお尻部分全体を手のひらで包み込むようにやさしく塗布します。ゴシゴシと指や手のひらでこすって保湿ケアをしないように気をつけましょう♪

「紫外線対策」は夏前から

日焼けしたあとなどに、肌がガサつく感じがあるかと思いますが、紫外線から肌を守ろうとして角質が分厚くなっているからなのです。さらにニキビができているときに紫外線を浴びると、ニキビ痕やシミとして残りやすくなります!

お尻部分は洋服で隠れているから、と油断しがちですが、紫外線は体のどの部分で浴びても、全身の肌に影響をおよぼします。

顔や手、足など露出している部分で浴びた紫外線であっても、お尻ニキビにつながる可能性が!日焼け止め、日傘、UVカットの衣類などを活用しましょう!

また目で浴びた紫外線も全身の肌に影響を与えて、角質が分厚くなったり、ニキビ痕、黒ずみの原因になることもあります。

サングラスやUVカットのメガネなどを使うことも一案です!サングラスは色が濃すぎると(真っ黒なレンズなど)かえって目の瞳孔が開いて、紫外線を吸収しやすくなるといわれていますので、薄い茶色、グレーなどのレンズを選ぶといいかもしれませんね♪

UVケアをオシャレに楽しみながら、美肌・美尻づくりにアプローチしていきましょう!

おわりに

いかがでしたでしょうか?

汗ばむ季節になってくると、野外にいる時間が増える分体力も奪われやすく、疲労やストレスが溜まりやすくなる傾向にあります。

また暑さで食欲不振になったり、寝つきが悪くなったりと、そういったこともターンオーバーが乱れる原因になりかねません。

ですから、こまめに心とからだのメンテナンスを意識して、ターンオーバーを整える美肌コントロールをしていきましょう♪

また紫外線が強まる季節になってきました。保湿ケアをして「バリア機能」を高めることも紫外線対策に役立ちます。お出かけ前に、しっかりと保湿をして、大切な肌を守りましょう♪